2016年8月17日 更新

【体調管理】ローヤルゼリーで≪頭痛≫を吹き飛ばす!

ローヤルゼリーは健康食品の王様であり、様々な成分が豊富に含まれています。美容や健康に抜群の効果がある事で知られていますが、頭痛にも良いようです。慢性的な頭痛にもローヤルゼリーが効く?ローヤルゼリーと頭痛について調べてみました。

ローヤルゼリーのアセチルコリンとアデノシンが頭痛に効く

特に偏頭痛に効果的です。

どんなときに偏頭痛が起こるのかを見極めて、その原因をなくす必要がありますが、なかなか難しいことですよね。

なかなか思うようにいかない場合は、ローヤルゼリーを試してみましょう。
「なぜ悩みを解決するのに役立つの?」と不思議に思うかもしれませんが、その秘密は、ローヤルゼリーに含まれる豊富な成分の特性にあります。

自律神経のコンディションを整える「アセチルコリン」、血流をサポートする「アデノシン」が、自律神経や血流の健康維持に役立つといわれています。
その結果、偏頭痛に悩む方の役に立つことでしょう。

摂取すればすぐに片頭痛の状況にありがたい変化が起こる、というものではありませんが、しばらくの期間摂取し続けることで、体の中を少しずつ整えていくのがローヤルゼリーの力です。
偏頭痛の原因ははっきりと解明されていませんが、
自律神経が大きく関わっているのではないかといわれています。

ローヤルゼリーに含まれる成分、特にアセチルコリンとアデノシンは、
自律神経に作用し、偏頭痛の症状を抑えたり予防する事が可能です。

偏頭痛はいつ起きるか予測しにくいだけに、
ローヤルゼリーを毎日飲んでコンディションを整えておくと良いでしょう。

血管性頭痛と筋収縮性頭痛に効果的です。

血管の拡張・収縮、筋肉の無意識的な緊張、が頭痛に関係してきます。

慢性的な頭痛は大きく分けると血管性頭痛(偏頭痛、群発性頭痛)と筋収縮性頭痛(緊張型頭痛)の2つです。

群発性頭痛は中年男性に、偏頭痛は女性に多く、どちらも脳の血管が痙攣をおこすために、血液の流れが悪くなり、その結果、血管が膨張するときに痛みが生じます。

緊縮性頭痛は、心身のストレスや疲労のために筋肉が収縮し、中の血管を圧迫して起こります。肩や首のこりをともなうことが少なくありません。

頭痛の80%は、こういった血管性頭痛と筋収縮性頭痛です。ローヤルゼリーによる改善が期待できるのもこの2つです。

ローヤルゼリーには自律神経を正常化する働きのあることが確かめられますが、血管の拡張・収縮にも、筋肉の無意識的な緊張にも自律神経が大きく関わっているからです。
血管が原因で頭痛が起きることは多いです。
血管を広げて血流を良くすれば、頭痛の症状がおさまったりします。
カフェインで頭痛が和らぐなどはこの理論です。

ローヤルゼリーには血管を整える作用があり、自律神経も落ち着かせます。
つまり、頭痛を和らげ、頭痛が起きにくくできるのです。

これを考えると、ローヤルゼリーは頭痛の特効薬と言えるかもしれません。

自律神経を整え、緊張型頭痛を緩和

自律神経失調症のほとんどの人を悩ませているのが、この緊張型頭痛なのです。

この頭痛は、後頭部だけではなく、こめかみや前頭部にも痛みをともないます。

発生するのは、ストレス等で交感神経が緊張しすぎてしまい、血管が収縮して血行不良をおこすことが原因とされています。
ローヤルゼリーは毎日摂取することで、ストレスの緩和、ホルモンバランスの調整などがおこないやすくなります。

また、元々ローヤルゼリーは健康食なので、自律神経失調症の治療にも安心して取り組むことが出来るかと思います。

もちろん薬ではないので、自律神経失調症で注意しなければならない薬づけになる恐れもありません。

もちろん自律神経失調症はすぐに治る症状ではありませんが、少しずつでも安心して症状が良くなる人の多いローヤルゼリーはオススメです。
女性の方は特にホルモンバランスを乱しがちです。
女性には生理周期があるので、ホルモンバランスが変わります。
そうしたホルモンが関係して頭痛を引き起こしていることは多いです。

また、ストレスが頭痛の原因になる事もあり、こちらもローヤルゼリーは良い働きをしてくれます。

ストレスを和らげ、ホルモンバランスを整える。
ローヤルゼリーには頭痛緩和の効果があります。
20 件

この記事のキュレーター

tokase888 tokase888

おすすめの記事

今注目の記事