2016年6月29日 更新

ブルーベリーに含まれる有効成分は?目以外への効果

ブルーベリーは摂取することで、目にとても良い効果があることで広く知られています。では、どのような有効成分には、どのようなものがあるのでしょうか?また、ブルーベリーの目以外への効果についても調べてみました。

ブルーベリーの有効成分『アントシアニン』

目によい食品としてブルーベリーが話題になっていますが、その秘密は深いブルーをつくり出しているアントシアニン色素にあります。

ものを見る時、光が物体に当たり目に飛び込んできた光は、網膜というスクリーンの役割をするところに像を写し出します。この網膜にはかなり薄い膜の層がありその表面にロドプシンという色素があります。ロドプシンは光を受けると壊れてしまいますがすぐに再合成され、網膜ではロドプシンの再合成がくり返されています。その働きを助けるのがアントシアニンです。ブルーベリーにはこの成分が豊富に含まれています。
アントシアニン色素はポリフェノールの一種ですが、ブルーベリーには特に多く含まれているのですね。
現代人はパソコンやスマホの使用で目が疲れています。
ブルーベリーのアントシアニンを摂取することで、日頃の眼精疲労を予防改善できると思います。

アントシアニンは抗酸化力が強い

アントシアニンの効果は眼精疲労、視力回復だけではなく、その強い抗酸化力で活性酸素を除去し、血液をきれいにする作用があるため、ヨーロッパでは脳血管障害などにも医薬品として使用されています。
日本でブルーベリーのサプリメントが多いですが、欧州では医薬品としても活躍しているのですね。
強い抗酸化力で活性酸素を除去できるのなら、病気の予防やアンチエイジング効果も期待できると思います。
ただ、アントシアニンは24時間で排出されてしまうので、サプリメントなどで毎日摂取することをお勧めします。

ビタミンとミネラルも豊富

ビタミン

ブルーベリーは、他の果物と比べてものすごく多いというわけではありませんが、ビタミンEやビタミンCといった抗酸化パワーが強い「抗酸化ビタミン」類が比較的多く含まれています。ブルーベリーを100gを食べると、ビタミンEの1日の摂取基準所要量を20%ほど満たすことが可能です。また、料理によって栄養素が失われてしまいがちな水溶性のビタミンCもブルーベリーだと効率的に摂取が可能です。


ミネラル

亜鉛やマンガンが他のベリー系果物に比べて、非常に多く含まれているのが特徴です。
亜鉛は血液に存在しています。これが欠乏すると味覚異常・発育不良・性腺機能低下などにつながります。
マンガンは骨の形成や、血液凝固、皮膚の代謝、糖質脂質の代謝など様々な生態活動に関わっています。
マンガンを含む食物のうちブルーベリーが最も抗酸化力が高いことでも有名です。
ブルーベリーというと、眼精疲労の回復効果ばかりが目立ちますが、
こういった成分の効果に期待して、毎日続けて摂取してもいいかもしれませんね。

ブルーベリーで免疫力UP&アンチエイジング

ブルーベリーは抗酸化物質が含まれています。抗酸化物質は老化や病気などの原因となる毒性を中和する働きがあり健康にとっても良いです。米国農水省の研究で明らかになったのデータによると40種類の野菜や果物と比較してブルーベリーがトップクラスとの事。

上記した米国農水省の研究では高い抗酸化作用は脳の活性化、老化を防ぐ効果があると言っています。実際に研究でも試され老化、精神力低下が緩やかになる事が報告されています。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

悩み解消☆ブルベーリーでニキビ予防が出来るってホント?!

悩み解消☆ブルベーリーでニキビ予防が出来るってホント?!

ブルーベリーは目に良いだけではなく、美肌効果があることでも知られています。さらに、ニキビの予防にも良いといわれています。では、どんな成分がニキビに効果的なのでしょうか?調べてみました。ニキビに悩んでいる方必見です♪
ホン | 748 view
いつまでも若々しくいたい時のブルーベリー

いつまでも若々しくいたい時のブルーベリー

よくブルーベリーと聞くと目に良いイメージだけがある方がいるかもしれませんが、若返りを期待する事もできます。 年齢を重ねても綺麗でいたい方は、ブルーベリーを摂りましょう。
mbfsn9540 | 323 view
青汁を飲んだらどんなメリットがあるの?

青汁を飲んだらどんなメリットがあるの?

一日に必要な野菜の量は350gと多いので、飲み物として飲んだ方が時間的にも短縮できておすすめです。今では青汁といっても、お子様でもジュース感覚で飲めるものが販売されています。
ho1vrvlc348q | 465 view
便秘が解消される青汁の種類と飲み方

便秘が解消される青汁の種類と飲み方

便秘の悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。最近は、身近に手に入る青汁が便秘に効くかもしれないということで調べてみました。
ho1vrvlc348q | 397 view
妊娠中にブルーベリーを摂っても大丈夫?心配な副作用

妊娠中にブルーベリーを摂っても大丈夫?心配な副作用

妊娠をすると、体調が悪くなってしまうことがよくあります。ブルーベリーは美味しいだけでなく、健康や美容に良い果物ですから、できることなら食べたいですよね。ここでは、妊娠中におけるブルーベリーの効果と副作用について調べてみました。
ホン | 13,823 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ホン ホン

おすすめの記事

今注目の記事