2016年8月17日 更新

【朗報】ブルーベリーには目に効く成分が含まれている☆

「ブルーベリーは目に良い」というのは聞いたことがあるのではないでしょうか。しかしながら、ブルーベリーの何がそんなに目が良いのでしょうか。その成分と目にどんな効果をもたらすのか、一つ一つ見ていきましょう。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目に効果大!

【楽天市場】冷凍ブルーベリー<500g×1パック>爽やかな酸味のブルーベリーをたっぷりと!【ブルーベリー】【冷凍ブルーベリー】【完熟ブルーベリー】【ヨナナス】【スムージー】【冷凍フルーツ】【冷凍果実】【冷凍デザート】【業務用冷凍食品】【レシピ】【楽ギフ_のし】r:まぐろなら築地の王様

ブルーベリーのきれいな青い実は、「アントシアニン」という色素でできています。そして、「アントシアニン」こそが目に良い効果をもたらす物質なのです。では、「アントシアニン」はなぜ目に良いのでしょう。
目はカメラのような構造をしています。物を見る時には、光として認識し、瞳を通して入ってきた光は網膜に像を写し出します。この網膜にはかなり薄い膜の層がありその表面に「ロドプシン」という色素があります。網膜ではロドプシンが壊れ、再生するという再合成がくり返されています。その働きを助けるのがアントシアニンです。ロドプシンのはたらきが鈍ると物が見えにくくなったり、視界が曇ったり、チカチカするなどの症状が出て眼精疲労が進んでしまいます。
ブルーベリーの中にあるアントシアニンという成分が、眼精疲労を改善する効果をもたらします。
そして、そのアントシアニンには抗酸化作用もあるのが特徴。
では、具体的には眼精疲労の改善の他にどのような効果があるのでしょうか。

アントシアニンは具体的にどう目によいのか?

疲れ目、眼精疲労の改善

ちょっと待って!それ、眼精疲労が原因かも!?知っておきたい症状|Healthil[ヘルシル]

目を酷使し続けるとロドプシンが不足して視覚機能が低下し、眼精疲労を引き起こす原因になります。また、疲労により血行が低下し一時的に視力が落ちる「仮性近視」の症状が出ることもあります。アントシアニンをたっぷり含んだブルーベリーを摂ることで、ロドプシンの再合成を助けることができ、眼精疲労回復などの効果が期待できます。
上でも述べたようにブルーベリーの主な効能として挙げられるのが眼精疲労の回復です。
決して視力が回復するわけではありません。
悪くならないように予防する程度に考えると良いかもしれません。

ブルーライトから目を守る

スマホから出る「ブルーライト」 体内に悪影響 | いしゃまち

ブルーライトは、紫外線に次いで高いエネルギーをもっています。そのため刺激性も高く、網膜や黄斑部にダメージをあたえ、網膜疾患や加齢黄斑変性症を引き起こす原因の1つと考えられています。
加齢黄斑変性症は、加齢に伴って生じる老廃物や酸化ストレス(活性酸素)によるダメージが黄斑部や網膜で蓄積した結果発症することが、既に多くの研究から分かっています。
スマホやパソコンなどから目を守るブルーライトカット眼鏡なども販売されていますが、
ブルーベリーは、アントシアニンにより活性酸素を抑えることで、
ブルーライトからのダメージを抑えようというものです。

緑内障の予防

眼科 -

22 件

この記事のキュレーター

カノエ カノエ

おすすめの記事

今注目の記事