2016年8月17日 更新

【中高年】高血圧が改善?ローヤルゼリーで病気予防しよう

ローヤルゼリーに含まれているパントテン酸には、血管の詰まりを取り除き、血液の流れをよくしてくれる効果やコレステロール値を低下させてくれる働きがあります。高血圧に効果があるので、症状に悩まれている方は試してみてはいかがでしょうか。

近年の研究で、血圧改善が期待できるペプチドがあることがわかりました。ローヤルゼリーにもペプチドが豊富に含まれているため、ローヤルゼリーの飲用が血圧に作用するかどうかを調べる試験が行われました。
予備検査で血圧が高めの人(最高血圧130~159mmHg 、最低血圧85~99mmHg )を、2つのグループに分けて試験を行いました。
一方のグループには、ローヤルゼリーペプチドを含む錠剤4錠(ローヤルゼリーペプチド250㎎/錠)を1日1回、もう一方のグループにはプラセボ4錠を1日1回、12週間飲用してもらいました。
その結果、ローヤルゼリーペプチドを含む錠剤を飲用したグループでは、プラセボを飲用したグループと比較して、最高血圧と最低血圧の両方が飲用開始10週間後と12週間後に低下しました。

血圧もコレステロールも下げてくれるロイヤルゼリーを活用しましょう

ローヤルゼリーには、コレステロール値を下げる効果もありますので、血管や血圧にとって非常に良いものと言えます。パントテン酸を多く含むローヤルゼリーを摂取することで、血圧を正常な状態にできますので、高血圧に効き目がある、血圧を下げることができると言われています。
中高年を過ぎると、高血圧に特に注意しなければなりません。
高血圧になると、さまざまな成人病を引き起こす原因となりますので、血圧もコレステロールも下げてくれるロイヤルゼリーを毎日摂取するとよいでしょう。
生のローヤルゼリーを食べるのは難しいですが、サプリメントならお手軽に始めることが出来ます。
20 件

この記事のキュレーター

omiso omiso

おすすめの記事

今注目の記事