2016年8月17日 更新

【中性脂肪が多い人向け】黒酢で改善?!上手な摂取方法

生きていく上で必要なエネルギー源となる中性脂肪も、高すぎるとメタボとなり、成人病を引き起こす原因となってしまいます。その中性脂肪を減少する働きがあるとして注目されているのが「黒酢」!上手に摂取して、ヘルシーな身体を手に入れましょう♪

お酢に内臓脂肪を下げる働きが!

無料の写真: 食品, 酢, 食べる, フルーツ, 健康, ビタミン, スパイシーです - Pixabayの無料画像 - 424537

株式会社ミツカングループ本社(本社:愛知県半田市)中央研究所(以下、ミツカン中央研究所)は、お酢を継続的に摂取することで、内臓脂肪が有意に低下することを臨床試験で初めて実証いたしました。同時に、血中中性脂肪、体重、BMIおよび腹囲を有意に下げる作用があることも確認いたしました。肥満気味の方、血中中性脂肪が高めの方を対象とした試験結果です。
お酢のパワーは大企業による臨床試験でお墨付き!
何といっても食品ですから、副作用などを気にしなくて済みますし、ノンケミカルなので安心ですよね♪

黒酢のメリット

血液をサラサラにする効果や、血圧を正常にすることで血糖値を抑えてコレステロールや中性脂肪を減らす効果などが黒酢の持つメリットです。アトピーなどのアレルギーを原因とする症状を改善する効果も黒酢にはあるとされています。普段の食事に黒酢を取り入れれば中性脂肪を減らして正常値に戻すことも期待できるでしょう。一般的な料理に使われる酢と黒酢とでは、見た目や色や原料や製造方法などが大きく異なっています。黒酢の熟成のためには半年から3年という期間が必要になりますので、黒酢は一般的な酢よりもまろやかで豊富な栄養素を含んだものとなっています。
黒酢も中性脂肪を効率的に減らす方法として役立つことを基礎的知識として知っておきましょう。黒酢は玄米を発酵、熟成させたもので、必須アミノ酸やビタミン、 ミネラル分、クエン酸などが豊富に含まれています。
普通のお酢でも健康効果は期待できますが、
せっかくですから普通の食酢よりもグーンと栄養素が豊富な黒酢を利用するのが賢いやり方!
黒酢は長い熟成期間を経て丁寧に作られるので、ツンとした刺激が少なく、
お酢が苦手な方でも取り入れやすいのです。

黒酢が中性脂肪の減少に効くヒミツ

黒酢には体内で合成できない「リジン、アラニン、フェニールアラニン、アルギニン、バリン、グリシン、ロイシン、メチオニン、ヒスチジン」といった貴重な必須アミノ酸を含んでいます。

これらのアミノ酸は脂肪の吸収を抑える働きと脂肪の燃焼を促す働きがあります。そのため、黒酢を日常的に摂っていると、中性脂肪やコレステロールが減少しやすくなり、血流も改善しやすいです。

また、脂肪を分解する酵素であるリパーゼを活性化させてくれるため、黒酢を摂取したあとに運動をすると、リパーゼが活性化されやすくなり、体に蓄積された体脂肪の分解を促進して、血液中に流してくれます。
豊富に含まれた必須アミノ酸が脂肪の燃焼に一役買い、
さらに脂肪を分解する酵素の働きも助けてくれる効果も!

食生活に黒酢を摂り入れ、尚且つ軽い運動をプラスしてみましょう!
黒酢は血液をサラサラにする作用も持っていますので、
血行が良くなり、疲れが溜まりにくくなるとされています。
運動が捗れば、中性脂肪の分解も捗りますよ♪

いつ飲むのが効果的?

無料の写真: クロック, 時間, ストップウォッチ, 腕時計, 時間を示す, 時計 - Pixabayの無料画像 - 95330

食前に黒酢を飲むと食欲増進に繋がります。ダイエット中の方は食前での摂取は避けたほうが良いでしょう。運動前や運動直後に飲むことで、ダイエットをサポートしたり疲労を和らげるのに役立ちます。
25 件

この記事のキュレーター

kuronecco kuronecco

おすすめの記事

今注目の記事