2016年8月18日 更新

免疫力アップが期待できる☆ローヤルゼリーの力!!

ローヤルゼリーにはデセン酸やアミノ酸などの栄養成分が含まれており、デセン酸は免疫力向上や風邪やウィルスから身体を守ってくれる効果があります。また女性ホルモンと似た働きをしてくれるため、更年期障害にも効果がありますよ。

疲れやすいあなたはもしかすると免疫力が低下しているかも

最近なんとなく身体が疲れてだるかったり、
すぐに熱が出たり、風邪を引きやすくなってしまったり・・・そんなことはありませんか?
もしかすると、それは身体の免疫力が低下している証拠かもしれません。
休息が取れないと、身体の免疫力は自然に低下していきます。

免疫力アップが期待できるローヤルゼリーを試してみませんか?

だるさや疲れを感じている方に、ぜひ試して頂きたいものがあります。
それは「ローヤルゼリー」です。

ローヤルゼリーは蜂から生産される乳白色の液体で、
この液体の中には様々な栄養成分が含まれています。

身体の免疫力を向上させてくれる成分もたくさん含まれているので、
普段からローヤルゼリーを摂れば、疲れにくい健康な身体を目指すことが出来るのです。

ローヤルゼリーに含まれる「デセン酸」

ローヤルゼリーは栄養が豊富♪
例えば、抗菌作用のある「デセン酸」という成分や、
高い抗菌作用がある「パントテン酸」が含まれていますが、
今回は「デセン酸」について調べてみました。

「デセン酸」は、ローヤルゼリーにしか含まれていません。
正式名称は「10ヒドロキシデセン酸」で、脂肪酸の一種です。
ローヤルゼリーは、腸内環境の正常化に貢献して、免疫力の向上に大いに期待が持てると注目を集めています。とくに注目したいのが、ローヤルゼリーにしか見つかっていないデセン酸という成分です。数ある健康補助食品のなかでも、なぜローヤルゼリーが素晴らしいかと言えば、このデセン酸が含まれているのが大きな理由の一つです。
ローヤルゼリーには免疫力を高める効果があります。細胞実験でその効果が確認されています。
また、ローヤルゼリーにのみ含まれるデセン酸は天然の抗生物質で、強い抗菌作用を持ちます。さらに、ローヤルゼリーに含まれるパントテン酸にも、ウイルスや細菌に対抗する抗体の合成をサポートする働きがあるため、風邪やインフルエンザにかかりにくい強い体を生み出す効果があります。

デセン酸の働きとは

・血糖に対抗する
・皮脂の分泌をコントロールする
・コレステロールに対抗する
・女性ホルモンに似た働き
・細菌に対抗する働き(殺菌作用)
・免疫をサポートする働き
・生活習慣病の対策になる
などがあります。

デセン酸と更年期障害

28 件

この記事のキュレーター

omiso omiso

おすすめの記事

今注目の記事