2016年8月9日 更新

【痛風】気になるプリン体・・・青汁は大丈夫?!【悩み】

プリン体の摂りすぎや腎機能の低下によち「痛風」が起こってしまいます。そのまま放置していると合併症の危険性もあります・・・!そこで青汁を飲もうと考えている痛風の方!果たして青汁を飲んでもいいのでしょうか?

痛風の原因って?

「尿酸」が原因

痛風発作の原因は尿酸という物質です。

尿酸はどんな人のからだの中にも一定量あって、血液などの体液に溶けて循環し、尿の中に濾し取られて捨てられます。一部は、消化管から排泄されます。ところが、何らかの原因で血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えると、からだの中に蓄積してきます。溶けなくなった尿酸はナトリウムと塩(えん)を作り、結晶になります。尿酸の濃度が高い状態が続くと、この尿酸塩の結晶が関節の内面に沈着してきます。痛風発作は、尿酸塩に対してからだの防御機構である白血球が反応し、攻撃する時に起こります。

尿酸値を上昇させる原因は?

プリン体を多量に含む食品の過剰摂取や腎機能の低下とされています。
プリン体の過剰摂取については自己管理をしていくしかありませんが、人間ドックにおける尿酸の検査結果では、尿路結石、腎障害、尿毒症などの症状のチェックが可能です。

放っておくと・・・!

痛風発作は、炎症を抑える薬で比較的早く治る事が多いですが、多くの場合1年以内に同様の発作が発生。
繰り返しているうちに、足首や膝の関節まで腫れが拡がり、発作の間隔が次第に短くなっていく怖い病気です。

ここまで進行すると、関節の痛みのみならず、関節周りや身体の様々な部位に結節ができたり、腎臓が悪くなったりします。
最終的には重症の慢性痛風になる可能性も高く、大変危険な病気と言えます。

「合併症」の危険性も・・・!

痛風には次のような合併症があります。

尿路結石
痛風結節
動脈硬化
虚血性心疾患
脳血管障害
腎障害
痛風腎

中には命に関わる病気が含まれているように、痛風は怖い病気です。
痛風といえば、ビールが原因というイメージがある方が多いと思いますが、
実際は、ビール100gに対してプリン体は5mg ほどです。
ビールが悪いのではなく、飲みすぎや、一緒に脂っこいものを大量に食べることに原因があります。

痛風予防には「飲み過ぎ・食べ過ぎを控える」「水分補給」「適度な運動」がありますが、
健康にいい青汁を飲むというのはどうなのでしょうか?

痛風の方が青汁を飲むのはOK?

青汁には尿酸値を下げるために効果的なカリウム・葉酸・ビタミン・カルシウムなどが含まれており、痛風に悪いどころか、痛風の方にもオススメできる食品なのです。
「青汁にはプリン体が多いのでは?」と心配する人もいるのですが、青汁のプリン体量は、1杯当たり1~2㎎とごくわずか。青汁の原料となる野菜を100g単位で考えると多量のプリン体を含んでいることもありますが、青汁にして摂取するのは3~5g程度ですから、プリン体を気にして青汁を飲まないのは勿体ないですね。
21 件

この記事のキュレーター

ファブリック ファブリック

おすすめの記事

今注目の記事