2016年8月10日 更新

ローヤルゼリー【女性】子宮筋腫への効果は?改善できる?

ローヤルゼリーには栄養が豊富に含まれており、美容や健康のために摂取する人が多いです。 そんな、体に良いローヤルゼリーですが、果たして最近増えている「子宮筋腫」には効果があるのでしょうか? ローヤルゼリーと子宮筋腫にどういう関係性があるのか調べてみました。

ローヤルゼリーには豊富な栄養素が!

ローヤルゼリーは、働き蜂が花粉を材料として体内で合成し分泌したものです。見た目はとろりとした乳白色の物質で、酸味が強く、蜂蜜とはまったく異なります。
ローヤルゼリーは40種類以上もの栄養成分が含有されていますので、一つの完全栄養食品とも言えます。

このため、女性にとっても更年期対策など、健康のための貢献をしてくれます。

パントテン酸は新陳代謝を高め、ストレスに対する抵抗力を向上させますし、アセチルコリンはホルモンバランスを整え、自律神経の乱れを改善します。

ローヤルゼリーに含まれている「デゼン酸」がすごい!

なんとしても、取りたいのがデセン酸です。
ローヤルゼリーの特有成分、デセン酸の効果を実感したいところです。
脳の間脳に働き、更年期障害の症状を和らげるデセン酸は、注目の成分です。
デセン酸は、脂肪酸の一種で、女性ホルモンに似た働きをします。
また、ローヤルゼリーは女性器官への効果も期待できます!
例えば、ここ最近増えいている「子宮筋腫」に対しても有効的です。

子宮筋腫ってどんな病気?

子宮筋腫とは、平滑筋(子宮を形成する筋肉)の細胞が増殖してできる良性の腫瘍で、形成される場所によって粘膜下筋腫、筋層内筋腫、漿膜下筋腫の3つに分類されます。詳しい発生原因はまだ解明されていませんが、初潮前の女児には発現しないことから、エストロゲンという女性ホルモンが原因に関わっているのではと考えられています。
子宮筋腫は、発生する場所によって種類が違います!

主な発生場所は、子宮体部、子宮頸部になります。
子宮体部にできる筋腫をさらに細分化すると、「漿膜下筋腫」「筋層内筋腫」「粘膜下筋腫」の3つに分けられます。

多発性の子宮筋腫の場合、治療が難しいイメージがありますが、全部が全部そうとは限りません。

【子宮筋腫改善】ローヤルゼリー+運動が有効的?!

子宮筋腫は女性ホルモンのエストロゲンを餌として大きくなるといわれています。

そこで、ローヤルゼリーを摂取することで、ホルモンのバランスを整えてくれるのです。
ローヤルゼリーは美容・健康に良いですが、
実はローヤルゼリーだけでは「子宮筋腫」を改善するのは難しいところがあります。

そこで、おすすめなのが「有酸素運動」です。
ローヤルゼリー+有酸素運動をすることで、子宮筋腫の改善が見込めます。
ただし、有酸素運動はあまり無理をせず、「適度」に定期的にしましょう。

有酸素運動

26 件

この記事のキュレーター

cham cham

おすすめの記事

今注目の記事