2016年8月10日 更新

つらい痛風…改善するには【黒酢】を摂取するのが一番!?

風が吹くだけでも痛みが起こるということから名前が付いた「痛風」。これを改善するために黒酢が効果的って知っていますか?黒酢のどんな成分が痛風にいいか、どれくらい飲めばいいかなど、しっかり学んでおきましょう!

罹ってしまったらとても辛い痛風……

皆さんの周りに痛風になってしまった方はいませんか?

風が吹いただけでも痛みが起こるというところから「痛風」という名前がついただけあって、
常に症状が体を襲っています・・・。
関節に激烈な痛みが起こり、発赤や発熱を伴う。尿酸の結晶は比重が高く重力に引かれて足部に沈着しやすいため、痛風発作 (痛風性関節炎) は足趾 (特に母趾MP関節) に好発する。初発症状は足部であることが多いが、足関節、膝関節から発症することもある。発作を繰り返すたびに症状は増悪する。発作の痛みは骨折の痛み以上といわれ、非常に苦痛を伴う。また、耳介などに痛風結節と呼ばれる皮下結節を作ることがあり、これが診断の助けとなる。X線では骨髄腫のように"punched out"と呼ばれる骨破壊像が見える。痛風と鑑別を要する関節炎の疾患としては関節リウマチ、変形性関節症、偽痛風がある。

原因は尿酸値の上昇?

痛風、若年性痛風とは?

一般的には痛風は男性が罹るもの、女性はなかなか罹患しないとされていたり、
お酒をよく飲む人が痛風にかかりやすいともされているのですが、
実際のところはどうなのでしょうか?
痛風発作の原因は尿酸という物質です。

尿酸はどんな人のからだの中にも一定量あって、血液などの体液に溶けて循環し、尿の中に濾し取られて捨てられます。一部は、消化管から排泄されます。ところが、何らかの原因で血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えると、からだの中に蓄積してきます。溶けなくなった尿酸はナトリウムと塩(えん)を作り、結晶になります。尿酸の濃度が高い状態が続くと、この尿酸塩の結晶が関節の内面に沈着してきます。痛風発作は、尿酸塩に対してからだの防御機構である白血球が反応し、攻撃する時に起こります。
近年、女性でも痛風を発症する人が増えていると言われています。

その理由は、食生活の欧米化や肥満、アルコール摂取量の増加、運動不足、ストレスなどが挙げられています。

また、腎疾患の病歴のある人や、高血圧症で降圧薬を服用している人、さらには閉経後の人なども「高尿酸血症」になりやすい傾向があります。
痛風は必ずしてもアルコールだけが原因ではないのですね。
また、近年では女性で痛風になる方も・・・!

痛風に対する予防や対策はないのでしょうか?

痛風には黒酢がいい!?

黒酢を飲んで尿酸値を下げ、痛風を予防しましょう!

実は、痛風に黒酢が効果的であることが分かっているんです。
黒酢は、痛風にも効果があるんです。

黒酢と痛風なんて、何の関連性もなさそうですが、
黒酢に含まれている成分が、痛風に効果があることが確認されています。

黒酢のなにが痛風に効く?

23 件

この記事のキュレーター

page page

おすすめの記事

今注目の記事