2016年8月17日 更新

美容・健康に良いブルーベリー!ペクチン含有量に秘密が?

ブルーベリーにはアントシアニンやビタミンが豊富に含まれており、目や美容、健康に効果があります。また、ブルーベリーの中にあるペクチンが果皮部分に豊富に含まれており、整腸効果や大腸がんの予防効果もあるんです!

美容・健康に良いブルーベリー

私たちがものを見るのは目の網膜にある「ロドプシン」というタンパク質が分解されることで網膜に映った映像が脳に伝達されます。分解されたロドプシンは再び再合成されますが、時間目の酷使をするとこの再合成がうまくできず、かすみ・ぼやけるといった症状が起こります。
ブルーベリーに含まれるアントシアニンはこの「ロドプシン」の再合成を促す作用があります。
最近、眼精疲労気味という方は、ブルーベリーをおやつ代わりに食べてみてはいかがでしょうか。
老眼や疲れ目に効果があるので、一日中パソコン作業を行っている方にもおすすめのフルーツです。

健康効果や美容効果

ブルーベリーは目に良いのはもちろんのこと、健康や美容にも効果的なフルーツだったんですよ!
ブルーベリーのアントシアニンは血管の強化や血流改善、血中コレステロールのケアにも活躍!活性酸素への効果がとくに強いことからガン予防の研究も進められています。最近では脳の老化も防ぐことがわかり、アルツハイマーなど、認知症への効果も期待されています。
ブルーベリーにはビタミンだけでもA、C、E。さらに亜鉛などのミネラルや食物繊維が豊富に含まれ、1粒食べるだけでたくさんの栄養素を摂取することができるのです。

とくに優れているのがビタミンAとE。ビタミンAは皮膚や目を保護するチカラがあり、肌を健康にしてくれる美容効果があります

ただ生のブルーベリーはお値段が高いのが難点かも!

生のブルーベリーをたくさん食べたいけれど、
小さなパックで400円から500円前後でスーパーで売られていて、ちょっと高いのが難点ですよね。

おすすめその①冷凍ブルーベリー

冷凍したブルーベリーは、生のものと比べると、
アントシアニンやポリフェノール、ビタミンCが高いそうなんです。
なので、冷凍にして保存するのがおすすめです。
ブルーベリーはなるだけ摘み立ての乾燥した状態で冷凍保存するのがお勧めです。水分が多い状態で冷凍すると、ブルーベリー同士がくっついて欲しい分だけ取り出すことが難しいほか、解凍したブルーベリーも水っぽい状態のものになってしまいます。

洗ったら、きちんとペーパータオルなどで水分を拭き取った後にフリーザーバッグや冷凍容器で冷凍するようにしましょう。


ブルーベリーを冷凍する際にはなるだけ一回で使い切る量を小分けして冷凍しておくようにしましょう。これによって解凍したい分だけを取り出すことができるので、冷凍した状態のブルーベリーを痛めません。袋の中にブルーベリーが固まって取り出しにくいときなど、一旦常温で半解凍するたびに、再度冷凍するブルーベリーの鮮度が損なわれます。
22 件

この記事のキュレーター

ぴーまん ぴーまん

おすすめの記事

今注目の記事