2016年8月8日 更新

すばらしい!青汁が【花粉症】に効く!その驚くべき理由

最近、青汁が花粉症に効くと注目されています。様々な効果がある青汁ですが、花粉症にはどのようなメカニズムで効果があるのでしょうか。毎日青汁を飲むだけで花粉症の予防や軽減できる?青汁と花粉症の関係について調べてみました。

ケールの青汁はアレルギーに効きます。

体内のアレルギー物質が減少

青汁の原料としてメジャーな「ケール」がアレルギーに効くみたいですね。
ケールに含まれている「糖脂質」と「フラノボール配糖体」っていう成分が
花粉症などのアレルギー症状に有効らしい☆
あのファンケルが確認しているって言いますから、間違いないと思いますヽ(´∀`)ノ

専門的なことは難しくってよくわからないけど、ケールの青汁を飲むと、
カラダの中の細胞から分泌される「アレルギーを起こす物質」の量が
目に見えて減少するんですって。

花粉症って、ヒドイ時は薬を飲んでも全然鼻水がおさまらないし、何しろ眠くなっちゃう(泣)
でも、青汁ならそんな心配もないから助かりますねえ♪
「花粉症の季節前から毎日ケールの青汁を続けていたら、花粉症の症状が軽くなった」
って言う人もいるみたいだから、効果は確かですね◎
花粉症はアレルギー症状です。
体内に入り込む、または体内で発生したアレルギー物質が悪さをし、アレルギー症状を発症させます。

花粉症の予防や改善を目指すには、アレルギー物質をなくすことが大切です。
症状を抑えるだけでは、ただの対処療法になります。

青汁のケールは、そうしたアレルギー物質を減らしてくれるのです。

「糖脂質」と「ラボノール配糖体」がアレルギー反応を抑えます。

こどもと喘息 / アイピーディー ドライシロップ

ケールでインターロイキン4が減少

なぜ青汁が花粉症予防に効果が期待できるのでしょうか?

それは青汁の主原料ともなっている
ケールに含まれている成分が、アレルギー反応を抑える効果を持っている
からです。

この働きをしてくれるのが青汁の主原料であるケールに含まれる

糖脂質
ラボノール配糖体

という2つの成分です。
糖脂質にはアレルギー症状を引き起こす誘引物質を抑える働きがあり、
ラボノール配糖体には花粉症の症状が進行・悪化するのを抑える働きがあることが研究でわかっています。
また、ケールには身体の免疫力を高めるのに加えて、
花粉が鼓膜に接触した際に花粉を異物として排除するために「インターロイキン4」という物質がアレルギーの症状であるくしゃみや鼻水、涙などを引き起こしますが、
そのインターロイキン4を減少させる働きがケールにあることが分かっています。
インターロイキン4はアレルギー症状を引き起こします。

ということは、インターロイキン4を減少できれば花粉症のアレルギーも和らぎますし、
アレルギー反応そのものが発生しにくくなります。

インターロイキン4の減少で花粉症が抑えられるのが分かったのは最近ですが、
青汁のケールにその働きが認められたのですから驚きです。

アレルギーに負けない体質に改善できます。

身体の免疫力や抵抗力が向上

青汁の主な原料であるケールに含まれる「フラボノール配糖体」と「糖脂質」が、花粉症の症状を和らげる成分であることがわかっており、このふたつの成分がアレルギーの活動を抑制する働きをしてくれます。

またその働き以外にも、ケールの青汁は体の免疫力や抵抗力を高めるので、花粉症の症状を改善する効果も高いです。

身体の免疫力や抵抗力を上げるので、花粉症などのアレルギーに負けない体質に改善できるのです。

花粉症の症状があるときだけ青汁を飲んでも効果を感じることはできますが、免疫力と抵抗力のある体質にするためには、常日頃から青汁を飲んでおくのが良いでしょう。
花粉症の悩みから解放されるには、花粉症が発生しないアレルギーに強い体質になる必要があります。
花粉症の薬は症状を抑えるだけです。
薬を用いるだけでは、毎年毎年花粉症の季節に苦しめらることになります。

青汁を飲めば、そうしたアレルギー体質に強い体に近づく事ができるのです。
20 件

この記事のキュレーター

aimaw111 aimaw111

おすすめの記事

今注目の記事