2016年8月9日 更新

【グルコサミン軟膏】効果効能について教えて!【知りたい】

関節痛にはグルコサミンというイメージが多いと思いますが、具体的にグルコサミンはどのような効果があるのでしょうか?キーワードは「軟骨」です。また、サプリメントで一緒に摂取したいコンドロイチンについてもご紹介します。

なぜ「関節痛」が起こる?

起き上がる時や歩く時に、膝や肘の関節の痛みを感じたことはありませんか。
それが関節痛です。 この関節痛の原因はいったい何なのでしょうか?

関節痛の原因で、いちばん多いのが関節の老化ともいえる変形性関節症です。私たちの関節は、軟骨がクッションとなってスムーズに動くようにできています。その軟骨が加齢とともにもろくなり、欠けたりすり減ったりして、周囲に炎症を起こすのです。
変形性関節症がもっとも起こりやすいのは、ひざです。ひざは、立っているだけで全体重のほとんどを支えています。座ったり立ち上がったりするときにも、大きな力が加わります。
肥満気味の方や運動不足の方は関節への負担が増えるので気を付けて頂きたいのですが、
関節が擦り切れてしまう一番の原因は「加齢」です。
これはどうにもならないですよね。

しかし、関節痛の予防することはできます。 それは「グルコサミン」を摂取することです!

グルコサミンの効果効能

関節軟骨の強度を高める

グルコサミンには、骨をつくりだす軟骨芽(なんこつが)細胞を刺激して活性化させ、軟骨の生成を促す働きがあります。軟骨は関節のスムーズな動きを可能にし、衝撃から守るためにも欠かせないので、強度を高めておく必要があるのです。

また、グルコサミンは軟骨部分でクッションの役割を果たしているプロテオグリカンをつくる材料でもあります。

関節痛を改善

グルコサミンは軟骨の摩擦を抑制する働きがあるため、関節痛や変形性関節症の痛みや腫れを改善する効果が期待できます。傷ついた関節軟骨を修復し、再生を促すといわれているので、ひざの痛みで歩行が困難な方に適していると言えるでしょう。

お肌にも良い効果

グルコサミンを摂取すると体内でヒアルロン酸の生成を促進させます。体内にあるヒアルロン酸は肌などの水分を保ってくれ、弾力やハリが生まれます。ヒアル ロン酸が少なくなる事により肌の水分が少なり、シワやたるみの原因になっていきます。

血行改善

グルコサミンには抗炎症作用があり、そのため痛みを緩和する効果があります。

また、近年では血中の血小板の凝集を抑える効果がると言われ、血栓の予防や血行の改善効果にも有効です。
23 件

この記事のキュレーター

パリッチェ パリッチェ

おすすめの記事

今注目の記事