2016年8月17日 更新

【効果あり】腎臓病の原因と隠された黒酢パワーの秘密

腎臓病の原因は、暴飲暴食、ストレス、塩分の摂り過ぎ、運動不足などがあります。そこで黒酢を飲むと、血液中のタンパク質量を増加させることが出来るため、腎臓病の改善の役に立つでしょう。また、腎臓病の原因でもあるシュウ酸カルシウムを体外へ排出する効果もあります。

そこで「黒酢」!

腎臓病になってしまったら、黒酢を摂取するとその症状に良い効果があると言われています。 黒酢には利尿作用があり体内の有害物質などを洗い流す効果があります。 腎臓病の一つである腎炎などでは、タンパク尿、血尿などで血液中のタンパク質が減少します。黒酢にはタンパク質の元となるアミノ酸が多く含まれていますので、血液中のタンパク質の量を増やし、腎臓の弱っている組織を修復させる効果があります。 その他にも、黒酢には腎臓結石の原因となるシュウ酸カルシウムも体外に排泄する効果もあります。 黒酢は腎臓病やその他の健康面でも多くの効果があると言われていますが、黒酢を摂取してもその効果がすぐにでる訳ではありません。 日頃から黒酢を摂取し続けることが大切なのです。
上記のように、腎臓を守るのに黒酢はピッタリですよ!
ただ、どんな健康食品でもすぐに結果が出るわけではないですよね。
もちろん黒酢も同じです。毎日継続して飲むことで結果に繋げることができます。
ですので、1日の容量を守って飲み続けましょう。

料理に黒酢をかけると、塩分を抑えることが出来ます

毎日塩分過多の食事を摂り続けると腎臓病のリスクを高めるので、料理に黒酢を使いましょう!
黒酢を入れることで味のコクや風味が増し、自然に塩分量を減らすことが出来ます。
ですので、お料理に黒酢はおすすめですよ。

黒酢を飲むのは苦手…水やジュースで割るのも難しい…。
そんな方は、普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。
22 件

この記事のキュレーター

omiso omiso

おすすめの記事

今注目の記事