2016年8月17日 更新

【効果あり】腎臓病の原因と隠された黒酢パワーの秘密

腎臓病の原因は、暴飲暴食、ストレス、塩分の摂り過ぎ、運動不足などがあります。そこで黒酢を飲むと、血液中のタンパク質量を増加させることが出来るため、腎臓病の改善の役に立つでしょう。また、腎臓病の原因でもあるシュウ酸カルシウムを体外へ排出する効果もあります。

酢は腎臓機能を高めてくれる働きがある!?

お酢は世界各国で、健康や美容に良いということが知られています。
アミノ酸が豊富に含まれているお酢には、腎臓にもよい効果があります。

まずは腎臓病について見ていきましょう。

腎臓には大切な働きがあります

腎臓は、血液を濾過し、身体の中に溜まった老廃物や余分な塩分を体外へ排出する働きがあります。
ただ、食事で塩分を摂り過ぎてしまったり、暴飲暴食をしてしまったりすると、
それだけ腎臓を酷使することになり、腎臓機能を低下させてしまう原因になります。
腎臓の働きが低下してしまうと、有害物を尿として排出させることが出来なくなるため、
有害毒素が体内に溜まり、尿毒症になる可能性もあります。

腎臓病の初期は自覚症状がありません

腎臓病の初期には、自覚症状がありません。肉眼的に尿の異常がわかるのもまれで、腎炎は10年以上にわたって無症状で経過します。定期的に尿検査を受けるようにしましょう。
慢性腎不全になると、体内の老廃物を尿中に排泄できなくなって血液中に有害な物質が多くなったり、逆に、体に必要な成分が尿中に排泄されたりします。また、水分や電解質・血圧の調節もできなくなり、むくみが現れたり血圧が高くなることもあります。赤血球の産生を刺激するホルモンであるエリスロポエチンが不足し、貧血を引き起こすこともあります。

※腎臓病は8人に1人がなります。人事ではありません。

腎臓病の患者は成人の8人に1人の割合(NPO法人腎臓サポート協会より)といわれており、新しい国民病として認知され始めています。糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、メタボリックシンドロームとの関係も深く、誰にでもかかる可能性のある病気です。

腎臓病の原因や治療法

最近では、生活習慣病の影響で、糖尿病腎症や腎硬化症などにかかる患者が増えています。塩分の取りすぎ、肥満、運動不足、加齢、ストレスなどの要因が重なれば、だれでも腎臓の疾患にかかる可能性があります。
腎臓病と一口にいっても、原因や症状が違い、さまざまな病状を表します。
腎臓病の治療には安静、保温、薬物療法、食事療法が主体となります。病気の進行を抑えるには、食事療法が何よりも有効です。慢性腎炎や慢性腎不全の状態になっても、食事療法をきちんと続けていれば、健康な人と同じように生活ができます。更に悪化して人工透析に至った場合でも、食事療法は継続して行うことが必要です。
22 件

この記事のキュレーター

omiso omiso

おすすめの記事

今注目の記事