2016年6月28日 更新

妊娠中にブルーベリーを摂っても大丈夫?心配な副作用

妊娠をすると、体調が悪くなってしまうことがよくあります。ブルーベリーは美味しいだけでなく、健康や美容に良い果物ですから、できることなら食べたいですよね。ここでは、妊娠中におけるブルーベリーの効果と副作用について調べてみました。

ブルーベリーに豊富に含まれるアントシアニンには、強い抗酸化作用があります。
文字通り、体中のあらゆる酸化を防いでくれるので、健康、美容、疲労回復、アンチエイジングなど、様々な効果が期待できるんです。
抗酸化作用は医学的にも証明されていますから、アントシアニンパワーで妊娠中の不定愁訴の予防しましょう。

ブルーベリーが便秘と骨粗鬆症を予防

目を良くする薬効のあるアントシアニンで知られているブルーベリーですが、食物繊維が多く便秘を解消してくれる果物です。最近の研究では、アントシアニンには骨粗鬆症を予防する働きがあることが明らかになっており、出産後に発症しやすいと言われる骨粗鬆症を予防するためにも、たくさん食べていただきたい果物です。
妊娠中に便秘になってしまう方も多いと思います。
また、産後は骨や関節が不調になることもよくあります。
ブルーベリーには、これらを予防する効果があるので、適量を守って妊娠中も産後も食べ続けて欲しいと思います。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

使用前に確認!ブルーベリーサプリの気になる副作用

使用前に確認!ブルーベリーサプリの気になる副作用

健康食品であるブルーベリーは抗酸化作用が強く、目の健康や美容に嬉しい効果があります。サプリメントで積極的に体内に取り入れたいところですが、それによる副作用はあるのでしょうか?調べてみました。
ホン | 640 view
グルコサミンは便秘になりやすい?意外と知らない副作用

グルコサミンは便秘になりやすい?意外と知らない副作用

グルコサミンを摂取するならサプリメントが便利です。しかし、便利だからといって飲みすぎてはいけません。グルコサミンには過剰摂取による副作用がいくつかあるからです。
ホン | 667 view
ブルーベリーに含まれる有効成分は?目以外への効果

ブルーベリーに含まれる有効成分は?目以外への効果

ブルーベリーは摂取することで、目にとても良い効果があることで広く知られています。では、どのような有効成分には、どのようなものがあるのでしょうか?また、ブルーベリーの目以外への効果についても調べてみました。
ホン | 679 view
ブルーベリーの一日の摂取量はどれくらい?≪おいしく健康に≫

ブルーベリーの一日の摂取量はどれくらい?≪おいしく健康に≫

ブルーベリーは目、美容、健康に良いと言われる健康食品ですが、一日の摂取量の目安はどれくらなのでしょうか?また、品種や必要とする成分によって摂取量は変わってくるのでしょうか?効果的な飲み方や副作用は?調べてみました。
ホン | 2,458 view
ブルーベリーの色素に含まれる≪豊富な栄養素とは≫

ブルーベリーの色素に含まれる≪豊富な栄養素とは≫

ブルーベリーにはアントシアニンという天然色素が含まれていますが、これは一体どのような成分なのでしょうか?また、摂取することでどのような効果があるのでしょうか?目安量や保存方法と合わせて調べてみました。
ホン | 956 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ホン ホン

おすすめの記事

今注目の記事