2016年8月18日 更新

【痛みと腫れ】リウマチの症状をグルコサミンで改善

リウマチの痛みや腫れでお悩みの方は多いです。慢性化しやすい病気なので、何とかして症状を改善したいと思っているはず。そこでグルコサミンです。グルコサミンにはリウマチの症状を改善する効果があるそうです。グルコサミンとリウマチについて詳しく調べてみました。

グルコサミンの働き。

第3回 骨をつなぐモノ(筋骨格系) | からだラボーMoana blue STUDY

軟骨や関節への効果が期待できます。

グルコサミンとは、軟骨のプロテオグルカンを作る材料のひとつで、糖とアミノ酸が結合したアミノ糖の一種です。自然界ではカニやエビなどの甲殻類の外殻を形成するキチンの構成糖として存在しています。
そのグルコサミンは、元々は私たち身体の中にもあるものですが、加齢とともに失われていきます。

グルコサミンの働き
①軟骨や皮膚などを再生させる。
②関節の炎症を抑え、傷ついた軟骨の修復を促進し、変形性関節症やリウマチの痛みや腫れを
 改善する。

グルコサミンは、カニ、エビなどの甲殻類の外皮を形成するキチン質に含まれ、また人間では糖蛋白質の成分として軟骨、爪、靱帯、心臓弁などに存在しています。グルコサミンは、軟骨細胞を形成する基礎となる成分で、関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。
リウマチの痛みや腫れの多くは、関節に生じます。
骨と骨をつなぐ軟骨や関節に異常があって痛みや腫れを引き起こすので、
軟骨や関節のケアをすれば症状は和らぎます。

グルコサミンにはそうした軟骨や関節の健康に良い成分が多く含まれています。
毎日飲めば、リウマチでの痛みや腫れが軽減するのを感じるでしょう。

すり減った軟骨が再生し、痛みを改善するのに力を発揮。

生活習慣の改善で「ひざ関節の痛みを予防!」 | サントリー健康情報レポート

リウマチの痛みの原因は、軟骨の減少です。

グルコサミンは、現在、関節症などの改善に役立つとして日本でも近年急速に知名度をあげている物質の一つです。

我々の間接の中の軟骨は、コラーゲン、カルシウム、水分、そしてグルコサミノルグルカン、プロテオグルカンなどの物資で構成されていますが、加齢や病気等の要因によって軟骨がすり減ってしまうと、これらの物質も不足して補給が追いつかなくなってしまいます。

これらの物質をつくっているのがグルコサミンなのです。

ですから、軟骨がすり減って痛みが起きている関節には、外部から必要な成分を補給しなければ、症状は悪化するばかりです。グルコサミンの補給は、すり

減った軟骨が再生し、痛みを改善するのに力を発揮します。また、再生のスピードを速めてくれるという特徴もあります。
リウマチや加齢によって、軟骨がすり減り、健康な時のように上手に潤滑できていない状態です。
骨と骨とが直接当たってギリギリ痛む、そのような状態だと考えてください。

リウマチなどですり減った軟骨や潤滑材を再生する事ができれば、痛みや腫れは緩和されるはずです。
グルコサミンは軟骨再生に大きな力を発揮します。

炎症を緩和してくれます。

放置すると、痛みや腫れは悪化します。

グルコサミンのサプリメントはさまざまな関節の痛みに効くということで関節リウマチに対する効果も期待されるところですが、関節の軟骨が磨り減ることによって生じる痛みとは様子が異なるようです。

グルコサミンは関節の軟骨の成分の一つであり、それを補うことによって関節の軟骨が磨り減ることによって起きる痛みには非常に効果があります。
グルコサミンとは、人間の体内でも作られる物質です。
加齢や病気によってグルコサミンが作られにくくなると、関節の状態が悪くなり、痛みや腫れを生じるのです。

グルコサミンが体内で作られにくくなったのなら、食事で補えばよいのです。
サプリなどなら手軽に摂ることができますし、効果的にグルコサミンの補給が出来るでしょう。
20 件

この記事のキュレーター

tokase888 tokase888

おすすめの記事

今注目の記事