2016年8月9日 更新

美味しい【黒酢】を使ったレシピ~これで血液をサラサラに~

高血圧やコレステロール値、血糖値などが高い人が近年増えており、問題となっています。そこで、日頃の予防法として取り入れていただきたいものが黒酢です!今回、食事と一緒に取り入れられるおすすめのレシピをご紹介します。

黒酢の効果

黒酢には必須アミノ酸[※2]を含む豊富なアミノ酸をはじめ、クエン酸などの有機酸やビタミン、ミネラルなどの健康成分が豊富に含まれています。アミノ酸は一般のお酢の約10倍も含まれます。黒酢に含まれる主なアミノ酸の成分としては、BCAAやアラニン、チロシン、トリプトファン、アスパラギン、アスパラギン酸、システイン、グリシン、セリン、スレオニン、リジンなどが挙げられます。

※2:必須アミノ酸とは、動物の成長や生命維持に必要であるにも関わらず体内で合成されないため、食物から摂取しなければならないアミノ酸のことです。
黒酢に豊富に含まれるアミノ酸やクエン酸などの有機酸は、血液の循環を改善し、サラサラの血液にしてくれます。生活習慣病予防や血圧低下に効果的です。
血液がドロドロの場合、高血圧や動脈硬化、脳卒中や心筋梗塞など様々な病気につながるので、
日頃から予防することはとても大事ですね!
そこで「黒酢」です。 健康管理に大変おすすめなのです。

今回、黒酢の飲み方やレシピをご紹介しようと思います!

摂取のタイミング

検索結果 | ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

基本的には、黒酢を飲む時間やタイミングに決まりはありません。適量さえ守っていれば、いつ飲むかも自由です。しかし黒酢の効果を最大限に引き出すには、朝食か昼食の食中から食後をオススメします。食事の最中から食後にかけては消化が良くなるので、黒酢の成分を吸収しやすくなるためです。
スーパーなどでも手軽に購入でき、普段の食事にも簡単に取り入れることができますね♪

簡単♪血液サラサラレシピ

玉ねぎ納豆サラダ

材料

玉ねぎ(みじん切り) 1/4~1/2個

納豆(添付のたれ・からし) 1パック

プチトマト(半分に切る) 4個

■ お好みで

エキストラバージンオリーブオイル(EVO) 小さじ1/2~

酢・黒酢・バルサミコ酢・ワインビネガーetc… 適量

■ アレンジバリーション

ローズマリー・チーズなど 適量
玉ねぎを空気にさらし、あとは混ぜるだけ!
黒酢はもちろんですが、玉ねぎと納豆も血液をサラサラにしてくれる食材ですので、
効果の高いレシピですね。

わかめの味噌汁

24 件

この記事のキュレーター

🐽ぺちゃ 🐽ぺちゃ

おすすめの記事

今注目の記事